ソーシャルプロデューサーズとは

  • ソーシャルプロデューサーズとは
  • 団体概要
  • お問い合せ

ソーシャルプロデューサーズ・スクール

ソーシャルプロデューサーズ・スクール ソーシャルプロデューサーズ・スクール ソーシャルプロデューサーズ・スクール ソーシャルプロデューサーズ・スクール ソーシャルプロデューサーズ・スクール

― ソーシャルプロデューサーズ・スクールに関連する重要なキーワード ―

セルフデザイン
真にやりたいコトに
気付く力
GRTI やり抜く力
実現するために
やり抜く力
マインドフルネス
無意識に溜まっていることを把握する力
嫌われる勇気
譲れないほど大切な軸をつくる力
クリエイティブ
新しいコンセプトを創り出す力

― ソーシャルプロデューサーズの見たい世界 ―

見たい世界
 自分で発見する喜びは、誰かの指示に従った場合より、はるかにエキサイティングで価値がある。この世界を生きていく一人ひとりが、自分が本当にやりたいコトで生きていけたならば、どんなに素敵か。「ただの理想!?」いえいえ、私たちはそれを本気で実現していきます。

― 概要 ―

自分が本当にやりたいコトに気付く「問題発見力」
やりがいがある人生を歩み始めるためのコンセプトをつくる「問題設定力」
この2つの力を育む全9回プログラムの社会人スクールです。

  • 問題発見とは
    私が広げたい「見たい世界」を妨げている問題や、
    私が問題だと感じている憤り・不条理など
    私は一体何を問題視していくのか!?を発見すること。
  • 問題設定とは
    自分の問題発見を人々と共有するために、新しい視点、新しい洞察を含み、
    それが人々を理解させ、行動に移らせるソーシャルプロデュースの仮説。

問題発見

― 問題発見力、問題設定力を身に付けるプログラム体系 ―

本スクールは、哲学をベースに「問題発見力」「問題設定力」を学問として学びます。もちろん知識として学ぶだけでなく、翌日からの行動や実践に反映するグループワークを中心とする座学、実学の半々で構成されています。哲学はわからない!という方でも、哲学をワークショップ化していますので容易に哲学体験ができる内容となっています。

― なぜ哲学なのか!? ―

これまで様々な哲学者が、考え抜いてきた哲学を組み合わせ「問題発見」「問題設定」を学問として体系化し、スクールプログラムを開発しています。(下記、体系図)

問題発見

― ソーシャルプロデューサーズ・スクールに登場する11人の哲学者とその理論 ―

  • オット・シャーマー「U理論」
  • 野中郁次郎「SECIモデル」
  • 西田幾多郎「純粋経験」
  • ニーチェ「ルサンチマン」
  • 松岡正剛「フラジャイル」
  • アドラー「嫌われる勇気」
  • ジョン・デューイ「本能的欲求」
  • フーコー「権力」
  • ドゥルーズ「問題設定」
  • イヴァン・イリイチ「コンヴィヴィアル」
  • ヘーゲル「弁証法」

― スクールを開いている社会背景 ―

社会の複雑性が増し、これまでに経験したことがない不確実な時代に突入しています。あらゆる社会変化や問題に対応できる「問題発見力」「問題設定力」を備えた新しい社会的価値を創っていく人材育成が急務。私たちはそのような人を「ソーシャルプロデューサー」と名づけたい。
ソーシャルプロデューサーこそが、真にこれからの社会問題を解決に向かわせる人であり、私たちはそのような人材育成の一翼を担います。

― なぜ企業組織で、ソーシャルプロデューサーのような人が育たないのか!? ―

問題発見、問題設定は、上層部の人だけが独占。課長以下の部下たちは、上からのお題に対して解決することしか求められず、問題発見、問題設定をする機会がなく、やりがいが生まれにくい組織構造になっている。
なぜ企業組織では、やりがいが生まれないのか?

― ソーシャルプロデューサーズ・スクールの全9回の内容 ―

合宿

  • 第1回 オリエンテーション
    • 参加者同士、お互いのことを知り、それぞれがもつ問題発見の文脈を共有します。
  • 第2回 合宿一日目 セルフデザイン
    セルフデザイン
    マインドフルネス
    嫌われる勇気
    • ラフティング
      まず最初にラフティングを体験します。御岳の多摩川の川下りは、初めての方はやみつきになるほど楽しいです!!
      なお、午後からのワークに繋がる、とても重要な位置づけになっています。
    • 昼食
    • 暗黙知生成ワーク (SECIモデル)
      ラフティングから得た体験を通して暗黙知の構造を理解し、形式知化するプロセスを学びます。
    • 純粋経験ワーク (純粋経験)
      身体的経験から、どのように直観力が形成されているかを学びます。
    • 問題発見ワーク (U理論)
      自身の経験から、私が広げたい「見たい世界」を妨げている問題や、私が問題だと感じている憤り・不条理など、私は一体何を問題視していくのか!?を発見していきます。
    • 夕食
    • 夜の星を観賞するアクティビティがあります。
    • マインドフルネス
    • 懇親会

ラフティング

  • 第3回 合宿二日目 セルフデザイン
    セルフデザイン
    嫌われる勇気
    • 朝食
    • 心理的安全性ワーク (フラジャイル)
      Googleの組織が成功するカギ「心理的安全性」の効果と、つくり方を学びます。
    • 源泉ワーク (ルサンチマン)
      自身の原動力が、どのように形成されているのかを把握します。
    • 合宿終了後、チーム課題発表 (嫌われる勇気)
      チームで学び合う小さなプロジェクト体験をします。

合宿

  • 第4回 本能的欲求ワーク (本能的欲求)
    • ジョン・デューイ4つの本能的欲求「発見したい」「物をつくりたい」「表現したい」「関係をつくりたい」を使い、自分の中にある本能的欲求を発見します。何も制限がない中で、自分が本当に欲求していることを自覚し、自分が発見したい問題の方向性を見つけていきます。
  • 第5回 自分の成長のボトルネックを知る (権力)
    • 自身の中にある無意識的に自己効力感を奪っている部分を認知していきます。
  • 第6回 問題設定ワーク (問題設定、コンヴィヴィアル、弁証法)
    クリエイティブ
    • 新しい視点、新しい洞察を生み出すクリエイティブ力を哲学の問題設定の方法から学び、それらを応用して自分の問題発見を人々と共有するためのコンセプトをつくります。
  • 第7回 鈴木寛との対話
    • ソーシャルプロデューサーズ顧問の鈴木寛と、参加者の問いをもって深い対話体験を行います。
  • 第8回 ソーシャルプロジェクトのプロトタイプをつくる
    GRTI やり抜く力
    • GRIT(やり抜く力)を学び、誰か一人でも幸せにする価値があるプロジェクトをつくり、実験します。
  • 第9回 ソーシャルプロジェクト最終発表
    • プロトタイプからアップデートしたプロジェクトを発表します。

ソーシャルプロジェクト最終発表

― 次のような方に最適です ―

  • 情熱的に、無我夢中に生きたいけれど、まだ「これだ!!」と思えるものと出会えない
  • 資格という形ではなく、本質的なことを学びたい
  • 仕事では、タスクをこなすことで一杯で、成長している実感がない
  • 予測不可能な問題が起きても乗り越えていける力を身に付けたい
  • 周りに流されず、自分の人生をセルフデザインしたい
  • 背中を押してくれる仲間がほしい

― 参加者の声 ―

  • 色々なことに興味を失いつつある中で、こんなにイキイキした気持ちで学べることが、この世の中にあったのか!!と思いました。結構頭を使って疲れたけど、アドレナリンが出ます(女性Fさん)
  • 今まで素敵な活動をしている方は特別な人なんだろうと思って、自分とは違うと思っていた。でも過去の話や思いの部分を聞くことができ、そんなにみんな違わないんだって気付きました。だから自分も自分なりにやってみたいと思うようになれました。(男性Sさん)
  • すごい面白いです!ただの学びじゃないのと、心の中を探りたいという共通意識がある仲間と一緒に居られることが一番いいこと。(女性Hさん)
  • 昨日今日会った人とは思えない程、仲良くなります。(女性Kさん)

― 参加者の属性 ―

  • 男女 50% : 50%
  • 所属 会社員、起業家、大学生、官僚、NPO職員、教師など、かなり多様です。

― 卒業生の”今” ―

  • ソーシャルビジネスをスタート(教育事業、飲食事業)
  • 自分の本当にやりたいことを目指して大学院へ
  • 自分の知的好奇心を探求・研究し、書籍化準備
  • 新しいソーシャルプロジェクトをスタート(任意団体)
  • ゴールを決めない自由な旅(四国一周)
  • 海外移住の準備

― 学長の想い : 笠井成樹 ―

笠井成樹

  • NPO法人ソーシャルプロデューサーズ 創立者。
  • 慶應義塾大学SFC研究所 所員。
  • 幼い頃に、三輪車で世界中のどこでも行けると信じていたぐらい探求好き。自分で発見し、自分で決めて行動するプロセスを何よりも大事に生きてきたからこそ、一人ひとりが本当に心からやりがいを感じることを発見できる問題発見力を「学問」として学ぶ機会を創るため、本スクールを創立。
  • 特に尊敬している哲学者は、エーリッヒ・フロム。著作「自由からの逃走」、「愛するということ」が人生のバイブル。

― 顧問の想い(動画) : 鈴木寛 ―

東京大学教授、慶應義塾大学教授。
文部科学大臣補佐官、日本サッカー協会理事、社会創発塾塾長、元文部科学副大臣。

― ソーシャルプロデューサーズ・スクールに申し込む(受付中) ―

2017年 秋期スタート募集中 !! (4期目)

  • 第1回 10月13日(金) 19:30-22:00
  • 第2回 10月14日(土) 終日(合宿)
  • 第3回 10月15日(日) 半日(合宿)
  • 第4回 10月28日(土) 14:00-18:00
  • 第5回 11月11日(土) 14:00-18:00
  • 第6回 11月25日(土) 14:00-18:00
  • 第7回 12月9日(土) 14:00-18:00
  • 第8回 1月20日(土) 14:00-18:00
  • 第9回 2月17日(土) 13:00-20:00

― 募集人数 ―

18名

― 学費 ―

71,000円 (合宿費を含みます。)

― 開催場所 ―

東京都内

― お申し込みフォーム ―

― イベント ―

近日、開催予定!!

すべての人に「自分で発見し、自分で決め、本当にやりたいことを」

▲ TOP